カテゴリー「パソコン・インターネット」の5件の投稿

2010年12月30日 (木)

パソコン買い直しましたorz(Vol.1)

こんばんわ。

たぬさんです。

今日は本当に寒かったですね。

年末年始って感じがしてきましたよ。

・・・・・・・・・って遅い?

さて、最近起こった

shock悪夢の顛末shock

についてお話ししようと思います。

最近起こった悪夢とは、

キートップばらばら事件

ですね(´;ω;`)

うちの極悪非道ちびっこギャングが引き起こした事件ですが・・・・・

思い出すのも語るのもアレなんで、こちらから事件の全容を確認してください(T_T)

(「今明かされる密室パソコンバラバラ解体事件の真相!」参照)

さて、無惨にもばらばらにされたノートパソコンですが一応、復旧しております。

キートップ足りないけどね(T_T)

いくらBTOパソコンでもキートップのパンタグラフまでは汎用パーツではありません。

よくある汎用パンタグラフが販売されているのは知っているのですが・・・・・・・

GATEWAYのキーボードのパンタグラフは

ことごとく合わない(TーT)

なので、前回も書きましたが足りない部分は重複する「Ctrl」「Alt」キーのパンタグラフを抜き取って差し替え!!

それでも、まだ足りないから「無変換」「変換」キーも差し替え!!

ということで、英数字キー部分の補完は完了したのだが・・・・・・・・・・

逆にスペースキー周りがガラガラ(==;

まぁ、でもキーが無くたってある程度は何とかなるよ(*゚▽゚)ノ

キートップが足りない状態でノートパソコンを使ってみた♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エア鍵打率高し(;゚∇゚)/

ええ、空振りましたとも。

例えば「Ctrl」キー

左手だけじゃショートカットキーの同時押しが出来ない時に右側の「Ctrl」を押下したが残念。

そこにはキーがないわけだ(==;

後、「Alt」キー

ブラインドタッチで右側「Alt」キーを押したら

フニッ♪

って感触。

惨敗orz

1日1回は悔しい思いをするわけだ(==;

実はおいらにとって、それが結構苦痛だったりするわけ。

何故ならおいらは

キーボードとマウスの探求者shine

意外にキーボードとマウスは自分に合ったものでないと気分が乗らなくなるのです。

ちなみに会社のキーボードとマウスは自前。

家のキーボードは「RealForce」という1万越えするキーボード。

マウスは昔から使っているエレコムの「PRUMIE」シリーズ。

と、そんなおいらがキートップがなくエアした時点で買い換え衝動に駆られるわけで。

そして、キーを剥き出し状態で放置ってのもやっぱり気になる訳で。

ゴミ貯まるし、他のキーにも影響しかねない。

更に言うと、WindowsVistaだし、そろそろハードウェアもクタッって来ていることだし。

ここは買い換え時でしょう♪←何故かうれしそう

・・・・・・・・・・・・・ちょっと無理矢理だけどね。

ということで、買い換えが決定したのでノートパソコンを買い換え・・・・・・・・・・・

って、

ノートパソコンじゃなくても良いんだ(*゚▽゚)ノ

タッチパネル式でもいいし、タブレット型でもいいし。

と・に・か・く!!

--移動可能--

りビングや寝室に移動するため。

--バッテリーでも駆動--

ちょっと見で移動することもあるため。

--キートップをはがしにくい構造--

コレ重要。ちびっこギャング対策。

は必須。

できたら・・・・

--HDMI出力可能--

リビングPC代替用

--BlueTooth付--

リモートマウス操作用

--グラフィックスボード別搭載--

動画再生支援

といったところを中心にPCを選定したところ↓のPCが候補に挙がりました♪

たぬさんセレクションをどうぞ(*゚▽゚)ノ

後はLavPadというマウスコンピュータ製のタブレットPCです。

・・・・・・・・・・タブレット型が超多いですね。

本当は欲しいんですタブレット型♪

さて、たぬさんはどのPCを選択したのか。

次回に乞うご期待!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

パソコン買い直しましたorz(Vol.1)

こんばんわ。

たぬさんです。

今日は本当に寒かったですね。

年末年始って感じがしてきましたよ。

・・・・・・・・・って遅い?

さて、最近起こった

shock悪夢の顛末shock

についてお話ししようと思います。

最近起こった悪夢とは、

キートップばらばら事件

ですね(´;ω;`)

うちの極悪非道ちびっこギャングが引き起こした事件ですが・・・・・

思い出すのも語るのもアレなんで、こちらから事件の全容を確認してください(T_T)

(「今明かされる密室パソコンバラバラ解体事件の真相!」参照)

さて、無惨にもばらばらにされたノートパソコンですが一応、復旧しております。

キートップ足りないけどね(T_T)

いくらBTOパソコンでもキートップのパンタグラフまでは汎用パーツではありません。

よくある汎用パンタグラフが販売されているのは知っているのですが・・・・・・・

GATEWAYのキーボードのパンタグラフは

ことごとく合わない(TーT)

なので、前回も書きましたが足りない部分は重複する「Ctrl」「Alt」キーのパンタグラフを抜き取って差し替え!!

それでも、まだ足りないから「無変換」「変換」キーも差し替え!!

ということで、英数字キー部分の補完は完了したのだが・・・・・・・・・・

逆にスペースキー周りがガラガラ(==;

まぁ、でもキーが無くたってある程度は何とかなるよ(*゚▽゚)ノ

キートップが足りない状態でノートパソコンを使ってみた♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エア鍵打率高し(;゚∇゚)/

ええ、空振りましたとも。

例えば「Ctrl」キー

左手だけじゃショートカットキーの同時押しが出来ない時に右側の「Ctrl」を押下したが残念。

そこにはキーがないわけだ(==;

後、「Alt」キー

ブラインドタッチで右側「Alt」キーを押したら

フニッ♪

って感触。

惨敗orz

1日1回は悔しい思いをするわけだ(==;

実はおいらにとって、それが結構苦痛だったりするわけ。

何故ならおいらは

キーボードとマウスの探求者shine

意外にキーボードとマウスは自分に合ったものでないと気分が乗らなくなるのです。

ちなみに会社のキーボードとマウスは自前。

家のキーボードは「RealForce」という1万越えするキーボード。

マウスは昔から使っているエレコムの「PRUMIE」シリーズ。

と、そんなおいらがキートップがなくエアした時点で買い換え衝動に駆られるわけで。

そして、キーを剥き出し状態で放置ってのもやっぱり気になる訳で。

ゴミ貯まるし、他のキーにも影響しかねない。

更に言うと、WindowsVistaだし、そろそろハードウェアもクタッって来ていることだし。

ここは買い換え時でしょう♪←何故かうれしそう

・・・・・・・・・・・・・ちょっと無理矢理だけどね。

ということで、買い換えが決定したのでノートパソコンを買い換え・・・・・・・・・・・

って、

ノートパソコンじゃなくても良いんだ(*゚▽゚)ノ

タッチパネル式でもいいし、タブレット型でもいいし。

と・に・か・く!!

--移動可能--

りビングや寝室に移動するため。

--バッテリーでも駆動--

ちょっと見で移動することもあるため。

--キートップをはがしにくい構造--

コレ重要。ちびっこギャング対策。

は必須。

できたら・・・・

--HDMI出力可能--

リビングPC代替用

--BlueTooth付--

リモートマウス操作用

--グラフィックスボード別搭載--

動画再生支援

といったところを中心にPCを選定したところ↓のPCが候補に挙がりました♪

たぬさんセレクションをどうぞ(*゚▽゚)ノ

後はLavPadというマウスコンピュータ製のタブレットPCです。

・・・・・・・・・・タブレット型が超多いですね。

本当は欲しいんですタブレット型♪

さて、たぬさんはどのPCを選択したのか。

次回に乞うご期待!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月 4日 (水)

XenServerとIPC-AM3DD785G(Vol.8)

こんばんわ。

たぬさんです。

あ~~~~ついsun\(;゚∇゚)/

溶けるよホント?

あ~、脂肪だけ溶ければいいんじゃね?

・・・・皆様も夏バテや熱中症には注意しましょう。

さて、XenServerとIPC-AM3DD785Gについてですが前回はXenServerのインストールまで終わりましたヽ(´▽`)/


前回までの経緯は↓

IPC-AM3DD785Gが遂に到着しました(前編)♪【第1回目】

IPC-AM3DD785Gが遂に到着しました(Vol.2)♪【第2回目】

IPC-AM3DD785Gが遂に到着しました(Vol.3)♪【第3回目】

IPC-AM3DD785Gが遂に到着しました(Vol.4)♪【第4回目】

XenServerとIPC-AM3DD785G(Vol.5)【第5回目】

XenServerとIPC-AM3DD785G(Vol.6)【第6回目】

XenServerとIPC-AM3DD785G(Vol.7)【第7回目】


遂にXenServer5.6のインストールまで終わったわけですよ。

本当に長い道のりだったorz

でも、後はXenServerを起動するだけ!!

Welcome to XenServerヽ(´▽`)/

・・・・・・・・・・・あれ?

ネットワークモジュールのLED・・・・・・・・

消えてますけど∑(゚∇゚|||)

あ、そうか\(;゚∇゚)/

XenServerのメニュー画面が立ち上がっているからネットワークモジュールを指定すれば良いだけか。

P6150165_1

・・・・・・・なんか

<No network configured>

って書いてあるんだけど( ̄Д ̄;;

き、気のせいでしょ\(;゚∇゚)/

まだ、ネットワークモジュールを設定していないだけだし。

んじゃま、ネットワークモジュールを指定してっと・・・・・・・・・・・

P6150166_2

Σ(・ω・ノ)ノ!

お、お、おいらドライバ入れたよね?

ネットワークモジュールを1個も認識してねぇのorz

人柱の神様よぉ~

さすがにそりゃねぇ~よ\(*`∧´)/

<No interface configured>ってあんたorz

というわけで、多分インストール時に入れたドライバ・・・・・・・・OSには使用されない模様。

XenServer5.6上で再度ネットワークモジュールを認識させないとあかんのか。

ここまでくると、正直しんどいわorz

でも、最後の砦だ。

やっつけましょう\(;゚∇゚)/←半分ヤケ

XenServer5.6のメニュー上に、「Local command shell」があるので、ここでシェルにログイン。

とりあえず、前々回使ったドライバを今回も同じところにコピーしましたが・・・・

アウト(;゚∇゚)凸

くっそー。

でも、ドライバは利用できそうなのでとりあえず置いておく。

/etc/sysconfig/network-scriptsの下にifcfg-eth0を作成してみる。

そして、modprobeコマンドで認識だぁ~!!

ハイ、無駄でした(;゚∇゚)ノ

物理的には認識してるんだけど・・・・何故かXenServerのxsconsoleでは認識されていない感じ。

なんでだろう?

なんかXenServer専用のコマンドがあるんじゃないかぃ?

世界のみなさ~ん!

おいらに教えてぇ~♪

・・・・(Google検索中)・・・・・・・・・

あっ、あったヽ(´▽`)/

やっぱりXenServer専用のコマンドがあった(==;

追加NIC用の記事ですが、この手順で認識できそう(--;

(1)OS上で物理ネットワークインターフェースをeth0として認識させる。

まずは物理ネットワークをOSに認識させないといけないので、「XenServerとIPC-AM3DD785G(Vol.7)」に書いてあるとおりにドライバをコピー。

インストールの時とやってること変わらねぇorz

次に起動時にドライバを認識させるように下記のファイルを編集します。

/etc/modprobe.conf

設定内容:

alias eth0 atl1e

これで起動時にeth0はatl1eドライバで動くようになりました。

更に起動時のeth0の設定をしてしまいます。

eth0の設定は下記のファイルを新規に作成し、設定することで反映されます。

#/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

設定内容は下記の通りです。

DEVICE=eth0

ONBOOT=yes

BOOTPROTO=dhcp

とりあえず、DHCPの設定でよいでしょう。

ネットワークインターフェースが起動すれば良いわけですからね。

IPアドレスを固定にしたい場合は後でXenServerのコンソールで設定できるしね。

ということで、設定が終わり次第再起動。

再起動後は設定ができているかどうかの確認。

まぁ、ここまではLinuxの設定通りですね。

さて、ここからしんどいわけですよ。ハイ。

(2)xe pif-listコマンドで物理ネットワークインターフェースを確認

ここからがXenServerオリジナル( ̄Д ̄;

・・・・・というか

オリジナルの設定ってろくな事がないよ(`Д´)/

まぁ、それは置いておいて。

XenServerではxeコマンドのオプションを組み合わせる事で環境設定が出来ます。

ネットワークモジュールもxeコマンドを利用します。

まずは物理ネットワークインターフェースをXenServerで認識しているかどうかを下記のコマンドを使って確認します。

# xe pif-list

uuid ( RO): efed8163-34db-0f2e-1cd3-9c3046038ccd
device ( RO): eth0
currently-attached ( RO): true
VLAN ( RO): -1
network-uuid ( RO): 392faf77-e49c-3641-5143-fad1fb3590cc

上記のように表示されたらeth0をXenServerで認識していることになります。

もし、上記のように表示されない場合は下記のコマンドでネットワークモジュールを認識し直します。

# xe pif-scan host-uuid=efed8163-34db-0f2e-1cd3-9c3046038ccd

The uuid you supplied was invalid.
type: host
uuid: efed8163-34db-0f2e-1cd3-9c3046038ccd

ちなみにuuidの値はホストのUUIDになります。xe pif-listコマンドを実行するとuuid(RO)が表示されますので、こちらをxe pif-scanで利用してください。

(3)ネットワークモジュールをXenServerに接続

下記のコマンドを利用して、XenServerでネットワークモジュールを利用できるように設定します。

# xe pif-plug uuid=392faf77-e49c-3641-5143-fad1fb3590cc

上記のコマンドのuuidはネットワークのUUIDです。

xe pif-listコマンドで出力されるnetwork-uuidの値です。

ホストのUUIDではありませんので、注意してください。

このコマンドで認識するようになりますので、コンソールに戻ってネットワークモジュールが認識されたかどうかを確かめてください。

という感じ。

詳細はCitrix Knowledge Centerを参照してください。

おいらの手順とはちと違うかもしれませんが、この方法を参考にしています。

設定と同時にLEDが光ったΣ(゚д゚;

やっほほ~いヽ(´▽`)/

や~っと終わったよぉ~ヽ(´▽`)/

再起動してもネットワークモジュールにLEDが点灯してるよぉ~。

しかも、ちゃーんと通信も出来てるよ~。

更に仮想OS(CentOS)でもネットワークモジュールがちゃんと使えるよぉ~。

ちと感動(;ω;)

これでWindowsXPを入れてDVDバックアップや動画エンコードとか色んな事が仮想OSでできるんだぁヽ(´▽`)/

やったね、おいら♪

もういいよね。もういいよね、人柱の神様♪

・・・・・・・・・・・・・・まぁ、世の中そんなに甘くないことを思い知るわけだが

(まだ続くよ・・・・・orz)

仮想化OS XenServerの基礎と活用

仮想化OS XenServerの基礎と活用

価格:3,150円(税込、送料別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月 3日 (日)

ITpro EXPO2008(2)

ITPro EXPO2008で歩き回った疲れがやっと抜けてきているたぬさんです。

本当であれば昨日、ITPro EXPO2008のレビューを書こうと考えていたのですがあまりにも疲労が蓄積されていたらしく何もやる気がありませんでしたorz

ということでITPro EXPO2008に行ってきたわけですが今年の目玉はなんといってもWindows Server2008です・・・・・・・・・・・・と一般では書くのでしょうが、あいにく私はいいなぁと思うものしか書きませんのであしからず(^^)

ちなみにWindows Server2008はブースが非常に広く、人だかりもすごかったのですがOSの内容がすごいとは感じられませんでした。Windowsとしては新しいサービスは盛り込んでいるのでしょうがLinuxではいつでも組み込めるような機能ばかりで・・・まぁ、必要ないかなぁ。WindowsXPからVistaに変わった時と同じような感覚ですね。

で、見ていて何が魅力的だったかというと「F5」の「BIG-IP GTM」です。これはかなり魅力的で導入を考えたいH/Wのひとつです。

BIG-IP GTM」はロードバランサー+DNSサーバーといった感じでしょうか。基本的にはロードバランサーの機能で負荷のかかっていないネットワークを利用してユーザーセッションを管理するのですが、1ネットワーク上だけの範囲ではなくクライアントからのDNS問い合わせ時にロードバランシング機能を用いて、一番ネットワーク負荷の少ないWEBサーバー等のIPアドレスを返すという広い範囲でのロードバランシングが可能です。私的にはかなりの意欲作だと思います。

1つの拠点にサーバーを集中させていると、その拠点のネットワーク負荷がかかってしまえば、その拠点のどのサーバーにバランシングしてもネットワークは遅いままです。ここまで広範囲のロードバランシングができるのであれば、2、3拠点にWEBサーバーを配置し一番ネットワーク負荷のかかっていないネットワーク拠点に負荷分散ができます。

もし、拠点であるiDCの建物に問題が発生しても他の拠点にWEBサーバーが常時動いているので運用面でも安心です。

しかも名前解決時にバランシングしてくれるので負荷がかかっている拠点までのネットワークにも負荷がかかることはありません。

こういうH/Wが今のネットワーク社会には必要だと感じる今日この頃です( ̄ー ̄)

後は「LogStorage」というログ管理ソフトです。

実は以前からこのソフトには関心を寄せていました。現状、iDCにはいっているサーバー機器が多数ありこれらのログを一元管理できるソフトがないかと探していたのです。

この「LogStorage」ではLinuxのsyslogからApacheのaccess_log、自社製アプリケーションまでのすべてのログをカバーできるソフトなのです。しかもFTP等の一般的な通信でログを集約できるなんて(@-@

まぁ!ステキ!

正規表現でログの管理ができるから、自社製アプリケーションにもぴったり!!

素晴らしい!!

ぜひ導入したいものですな!

・・・・・・・・・・ん?何?予算がない?

・・・・・もう上乗せできない?

なんだとぅ~~~~~~~~~~~( ̄□ ̄メ

そーーーーですか( ̄□ ̄;;;

・・・・・ぜひ、来季には検討してね上長さん(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月 1日 (金)

ITpro EXPO2008(1)

本日は「ITpro EXPO 2008」へ入ってまいりました!!

まぁ、最終日に全てのブースを見る予定で丸一日かけてみてきましたが・・・・・

久しぶりに東京ビックサイトを歩いて網羅した成果、途中16:30ぐらいでさすがにつかれきってしまいましたorz

さすがにあのブース群を朝から夕方まで回るとしんどいですな(苦笑)

色々な成果がありましたが、今日はちょっと疲れましたのでまた明日気になった企業をレビューします。

しかし、今回のブース配置はあまりいい感じではなかった気がします。部門ごとに分かれていないので、メールセキュリティのブースを見たくてもビックサイト内をぐるっと回らないと見れなかったりします。企業的にも2,3のブースに分かれていたりして歩くのが非常に疲れました。

下の写真は東京ビックサイトに行ったときに買った缶コーヒーの写真です。

昔行ったときはこんなコーヒーなかったはずなのですが(笑)味はちょっと甘めでしたがこれから歩き回るって人にはいいのかもしれません(^^;

080201_120804

「聖地の珈琲」(--;

ビックサイトにお越しの方はこちらを試しに飲んでみてはいかがでしょうか?

この缶に書いてあるコメントも笑ってしまいました(苦笑)

ちなみに同じ自販機でキットカット4個入りの缶も売ってましたって

何でよ( ̄□ ̄!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|